● 石の彫刻で風景を刷新
桜ー風の詩

sakurakaze-img01
sakurakaze-img02
   
八代将軍徳川吉宗が桜を植樹して以来、都内有数の花見の名所として親しまれてきた飛鳥山公園、石神井川のほとりに広がる音無親水公園をはじめ、美しい森と水辺の四季に恵まれる街、王子。
王子駅を挟んで飛鳥山と向きあう八層のマンションの足元に、飛鳥山の空気とつながり、すがすがしい気品の感じられるようなエントランスガーデンを創出します。
飛鳥山の緑、石神井川の水面をなめてはこばれる清涼な大気、そよ風にゆれる四季折々の花と清楚な香り、飛鳥山から舞い降りたかのような桜の花びら…
ふたつの石彫と流麗な石畳で描いたアートシーンが、庭を彩る草木と美しいハーモニーを奏でます。
毎日目にする住まい人にとって、飽きることのない、開放的な空気感が得られる心地よいエントランス環境を目指しています。
   
sakurakaze-img03
   
東京都北区
SOCIOMUSE IS ASUKAYAMA: 29戸の集合住宅 |ランドスケープデザイン・アートワーク制作設置
白御影石、いわき桜御影石、草木、他
2009