シェフレラ・コンパクタ・キング


鉢で長年育てているシェフレラ・コンパクタ・キング。成長はゆっくりで、コンパクトにまとまるタイプですが、あちこちに伸びる枝を持て余し気味になってきたので、はじめての剪定をしました。切った枝葉が勿体なかったので、挿し木をしておいたら、赤子のような新芽が出てきました。
子育てをはじめたあの頃が懐かしい。そんな可愛さ。
子育てが終わったら、挿し木がいいかもしれません。

2017年08月10日
梅雨明け


梅雨、明けてたんでしょうけど、明けたようです。
不順な天候が気になりますが、昨日の豪雨に洗われて庭がキレイです。
ギボウシは、いつもの場所に例年通り元気に花を咲かせています。
   
一昨日に東村山:相羽建設さんの「つむじ」で、「庭のある暮らし」と題してトークイベントをさせて頂きました。
ここ数年に手掛けた造園プロジェクトの事例の紹介と、10数年育ててきたアトリエの庭「好日の庭」の話し。数百枚の写真にそれぞれの季節を思い出しつつ、庭を作る楽しみと、庭で暮す楽しみをたどるような作業を通して、新たに気がつく事もあり、いい機会でした。
季節も変り、次のプロジェクトに向けて心機一転、活発な夏にしたいと思います。

2017年07月19日
北の庭


梅雨の合間を縫いながら、鬱蒼とし始めている庭の整理をしています。
アトリエの北の玄関側、低いブロック塀を覆って行き場の無くなっていたフィカスプミラ、二重三重に覆いかぶさってるのを切り戻して思いきった整理をしたら、ブロック塀の笠木に載せていたウエスタンレッドシーダーが数年ぶりに姿を現しました。耐久性は高いです。
塀の前、素焼き鉢という事だけ統一して無造作に並べている植木鉢。実生で庭に出て来たのを鉢に移したり、挿し木で育て中のものや、何の変哲もない植物ばかりですが、枝葉の緑が光を私に見せてくれます。夕方数時間届く陽光を、ここに並べた植物たちが集めて、この北側の通りを暗い日陰ではない明るい記憶と印象を通りすがる人たちに与えていれば、私の楽しみという目的以上の庭作りの甲斐があります。

2017年07月03日
ディジゴセカ エレガンテシマ


Dizygotheca elegantissima
別名アラレア ウコギ科 原産地はバヌアツとか?ニューヘブリデス諸島とか?調べたらでてきました。
去年から試しに育てはじめた観葉植物。原産地では10mぐらいになる常緑樹のようです。
すこし元気がなくなってきたのを器を変えて様子をうかがっていたところ、いい感じに。
いつまでたっても名前を覚えられないのでここにアップしてみた次第です。
※左は「道草のうつわ」の定番、ジュウニノマキ。

2017年06月27日
ギンバイカ


知らぬ間に、無数の白い花をつけていました。
最近、庭には出ていたのに気がつかなかったのは、下枝を払って育てていたので、花が上のほうで咲いているのと、遠目にはパッとしない花なのと、たぶん季節的に私が木々の開花を気にしてなかったのと、ちょっとボケていたのと。
もう10年以上前、マンションランドスケープで住戸の専用庭と共用の庭を仕切る生垣に、何か変わった材料を使いたくなって植栽図面に書いた「ギンバイカ」。当時の私の仕事は造園デザインのみで、施工担当の造園業者が、生垣を作るのに充分な大きさの木は揃わないと言いつつ、サンプルで現場に持って来てくれた高さ50cmぐらいだったギンバイカ。生垣に使うのはあきらめて、試しに?もらってきたギンバイカ。知らぬ間に、高さ5mぐらいに成長しています。
上への成長速度に比べて幹の太りが遅く、ヒョロヒョロと育ってしまい、雨や自重で幹は倒れやすく、枝は折れやすく、雪でも降った日には大変です。樹冠を刈込んで育てたほうが良さそうで、刈込みには強く、四つ目垣を組んで生垣に仕立てるような使い方はいいかもしれません。
近づいて見れば梅に似る銀梅花。雄しべの長さと多さは、近くで咲く前述のビヨウヤナギに似る。そういえば、花に集まる虫が多くなる季節です。
地中海沿岸地方原産。愛の女神にささげる神聖な花として結婚式の飾りに使われるとのこと。「なんか地中海っぽい」って地中海を知らなくても思えてきます。暖地性の植物なので耐寒性はあまりないはずですが、ここはたまたま好条件がそろっているのか、東京都多摩温暖化を心配するべきか、ちょっと気になる満開のギンバイカではあります。

2017年06月19日