ドウダンツツジ
2017年12月05日


ここのドウダンツツジ。下枝をおもいきり払って、目通りのところをスッと広げて空間をつくっています。
低木扱いで使われる事が多い木ですが、高さ3mを越えて育ってきました。
シンボルツリーのように鮮やかな紅葉で晩秋を彩っています。
   
ドウダンツツジが好きな件、こちらにも書いてます↓
小林賢二の庭百景:ドウダンツツジ
ご覧くださいませ。
    
↓こちらは、アトリエ前(国立高校)のイチョウの黄葉
現場が続いて、最寄りの四季の移り変りを見過ごすのは良くある話し。
気付いて良かった。午後の光がキレイでした。

旭舎文庫の庭 誕生
2017年12月03日


   
川越の「旭舎文庫」
過去と未来をつなぐ建築に添うように、街並とつなぐ、氷川神社とつなぐ、人と人をつなぐ・・・
そんな事を考えながら模索し、構想した庭が、昨日の夕方誕生しました。
快晴の土曜日、のんびりと現場で過しながら、最後の仕上げにヤブコウジ、フイリセキショウ、ベニシダを配植し、コケのエリアを吟味し直して、一先ずの庭のはじまりの姿を作ってきました。これからの川越の時間に織り込まれて、街の物語を増やす空間に育ってくれればと思います。
   
江戸の面影を今なお残す 小江戸 川越
「蔵造りの町並み」を北に進んで、川越の象徴「時の鐘」を右に見る交差点を過ぎて5分程の角。
「かどみせ」と呼ばれ親しまれた旧梅原菓子店を修復した建築。
「旭舎(あさひのや)」は、明治時代の宮司・山田衛居(もりい)氏の別号で、川越氷川神社が武蔵野大地の東北端に位置し、朝日が最初に射し込むことからつけられた、との事です。
現場に向う早朝、人気の少ない朝の澄んだ空気に包まれた町並みが心を落ち着かせてくれました。
   
時の鐘

   
旭舎文庫

旭舎文庫の庭
2017年12月01日

今週は川越。
昨年より、縁結びの神様「川越氷川神社」さんの造園整備に関わらせて頂いてます。

週始め、秋晴れの空に聳える大鳥居。木製の鳥居としては日本一の大きさだそうです。
   
こちらは、今年の春にリニューアルした氷川神社の参道
鎮守の森を形成する大木の足下、ポイントで加えたドウダンツツジの紅一点が効いてます。

   
そして、今週の仕事は「旭舎文庫(あさひのやぶんこ)」の庭。
存続の危機にあった古民家を氷川神社で取得し、「この建物は地域のために在りたい」という宮司さんの想いからリニューアルされた、過去と未来を結ぶような建物。
そこに新しい風を吹き込む庭作り。
昨日の小雨の中、ほっと息がつけるような、心が落ち着く庭空間が姿を現しました。
明日は、現場でゆっくりと過しながら下草を整えて、一先ずの達成感を味わってきます。

国立の古巣
2017年11月24日


苑環境計画
26歳の年の瀬、それまで建築とインテリアを学び携わっていた私が、屋外の空間デザインに強く興味を抱きはじめて、ランドスケープデザインの実務に携わりたいと、門を叩いて開けて頂けた師匠の事務所です。
弟弟子(年上)のピーターが数年ぶりにドイツから来日して、長くお世話になっている建築やランドスケープの先輩と、はじめて会う若手も混ざっての宴。
国立市にある事務所に通うために、職住一致のポリシーに従ってこの街に引越して、27年経ったのか、もうすぐ27年目なのか、、、
風景をつくりだす造園家・彫刻家としての活動の大きな出発点である「古巣」で午後のひと時を過しながら、人生の半分を国立で過している事に気がついた53歳の秋でした。
   
デザイナーとしての出発点は、こちらの古巣↓
剣持デザイン研究所
   
いろいろな所で、いろいろな人に育てて頂いて、少しずつ成長している事を、改めて思い返す今週でした。

北鎌倉
2017年11月22日


   
現在進行中の造園のヒントを探しに、今日は北鎌倉へ。
見所満載でした。
   
▼円覚寺。山門の脇を進むアプローチですが、高揚感のある風景に惹かれます。

   
四つ目垣と美男葛

さりげなく手入れが行き届いてる小さな景色が随所に見られます。
   
東慶寺の茶室を仕切る黒穂垣

来週は、黒穂垣を施こした庭をつくります。これよりすこしやわらかく。
   
一番の目的は、あじさい寺「明月院」の、今の季節の様子を見に。

   
どきどきわくわくしながら、歩いてました。

news