小林賢二の庭百景
2017年11月19日


東村山の「つむじ」
造園後の管理もしている庭の出来事を「小林賢二の庭百景」と題して、頂いて、ブログページの連載をはじめて、早いもので二度目の秋を迎えていました。
春と秋はネタが多いです。
是非、こちらもご覧ください↓
★小林賢二の庭百景

マホニアコンヒューサ
2017年11月15日


   
アトリエ玄関前、マホニアコンヒューサの黄花。
細葉のヒイラギナンテン。ヒイラギナンテンのような葉のトゲはなく、かたくなく、触れても柔らかいのがいいところ。
生育旺盛ですが、どこで切っても新しい芽を出しこんもりとまとまり、毎年適度に剪定しながら狭いエントランスを上手に彩ってくれています。
病虫害も少なく日向でも日陰でも育つ常緑低木で、10数年ぐらい前から流行りだしたような記憶があります。当時は比較的新鮮な素材でしたが、扱いやすさと丈夫さからか需要は高まり、最近は、街で見かける公共空間の植込みやマンションの植込みのかなりの%をマホニアコンヒューサが占めているような気がします。
おかげで、新鮮さはすっかり無くなりました。
とはいえ、扱いやすい低木であることは変わりません。
   
こちらは、昨年秋竣工した伊礼智さん設計・相羽建設さん施工の「花小金井の家」
玄関ポーチと小さなテラスをゆるやかに仕切るように、当初からボリュームのあるマホニアコンヒューサを入れました。

「道草のうつわ」一周年
2017年11月11日


   
今日は「道草のうつわ」の店番をしながら、昨秋のオープンから一周年、を過ぎていることに気がつきました。
特にイベントもなく、淡々と不定期営業が続きますが、
営業日も定まらない、辺鄙なところに、足を運んでくれた皆様に感謝しております。
久々にここでのんびりと過しながら、更にスペースのリノベーションを加えて、居心地のいい「うつわ」に育てていこうと思いを馳せた次第。
二年目も、ご期待ください。
   

秋のお祭り
2017年11月04日


   
秋晴れの1日。
今日は国立の恒例、秋の市民祭り「天下一」を歩いてから、東村山でこれから恒例になりそうな「つむじ、暮らしの文化祭」と題したイベントに出かけました。
非日常の「ハレの庭」を楽しんできました。
   
▼こちらにもアップしています。
ハレの庭|小林賢二の庭百景

「つむじの庭」の出来事を、相羽建設さんのサイトで連載しています。

高崎の宴
2017年11月03日


昨日は高崎、小林建設さんの「ギャラリー hinosumika」
竣工から半年経った庭。
青々とした芝生広場と、各所に馴染み育っている草木に、一目でスタッフの方々の庭への愛情を感じる事ができました。
広がりのある緑の風景の中に建築が配された施設は近隣の皆さんからもご好評を頂いている様で、街並の中に、草木や石や自然の力を借りて新しい風景をつくり出す醍醐味を味わい、その価値を確かめることができた仕事です。
   
昨日は、プロジェクトに関わった皆さんが一同に集まっての楽しい宴。
奥行きのある庭を背景に、建築家の田中敏溥さん、家具デザイナーの小泉誠さん、小林建設さんによって作られたインテリア空間で、チェロの演奏と皆さんのお話が、ゆったりとした木造空間にしみ込むような心地よい時間でした。
グッドデザイン賞受賞、という嬉しい報告も。
   

news