小林賢二のしごと

Garden, Landscape/川越市*旭舎文庫

冬は石の季節
2021年02月01日


今日は川越氷川神社
今月末に造園予定の現場打合せの折、造園させて頂いたいくつかの庭の状況確認もしてきました。
撮ったのは、それぞれの場の趣をつくっている石のデザイン。
冬は石の季節。
   

参道から境内西の上尾街道まで、木曽石の敷石と景石で修景し直した道。
多孔質でブツブツしてたり独特の風合いの木曽石が、昔からこうであったかのような落ち着いた風景を生み出しています。



那智黒玉石と大磯砂利で水辺のイメージを描いた、昨年末に造園したての「婚礼御用部」の庭
キレイに手入れされて、みずみずしい空気が感じられました。



造園から早いもので4年目の冬になる「旭舎文庫」
黒御影の舗石と砕石を敷いた通り側と、相木石と伊勢砂利を敷いた奥の庭と、表と奥で趣を違えた石の風景。


神社の紙垂(しで)をちょっと意識して並べた二つの石は、表と奥の標(しめ)でもあります。
   

旭舎文庫の庭
2018年07月15日







   
埼玉県川越市
旭舎文庫(あさひのやぶんこ)| 庭デザイン・植栽及び石工事
2018

旭舎文庫の庭 誕生
2017年12月03日


   
川越の「旭舎文庫」
過去と未来をつなぐ建築に添うように、街並とつなぐ、氷川神社とつなぐ、人と人をつなぐ・・・
そんな事を考えながら模索し、構想した庭が、昨日の夕方誕生しました。
快晴の土曜日、のんびりと現場で過しながら、最後の仕上げにヤブコウジ、フイリセキショウ、ベニシダを配植し、コケのエリアを吟味し直して、一先ずの庭のはじまりの姿を作ってきました。これからの川越の時間に織り込まれて、街の物語を増やす空間に育ってくれればと思います。
   
江戸の面影を今なお残す 小江戸 川越
「蔵造りの町並み」を北に進んで、川越の象徴「時の鐘」を右に見る交差点を過ぎて5分程の角。
「かどみせ」と呼ばれ親しまれた旧梅原菓子店を修復した建築。
「旭舎(あさひのや)」は、明治時代の宮司・山田衛居(もりい)氏の別号で、川越氷川神社が武蔵野大地の東北端に位置し、朝日が最初に射し込むことからつけられた、との事です。
現場に向う早朝、人気の少ない朝の澄んだ空気に包まれた町並みが心を落ち着かせてくれました。
   
時の鐘

   
旭舎文庫

PAGE TOP