小林賢二のしごと

Garden, Landscape/渋谷区*広尾の庭

夏の笹
2019年08月14日


  
昨日一昨日は、都内のお屋敷の庭の手入れでした。
主な目的は、先月予定から雨で延期になっていた常緑高木の剪定でしたが、5月10日に刈り込んでおいた笹の中の雑草を整理し、徒長した笹を軽く刈ったら、なんとも朗らかな光が庭のあちこちに生まれていました。
昨年大発生した笹の害虫への対策も、今のところ上手くいっているようです。
   
先週の「西浦の家」の手入れとの鮮明な違いに、庭の色々さ面白さを改めて感じる夏です。
   


ユスラウメとヒサカキ
2019年03月24日


昨日は、都心に出向いての庭の手入れ。
スダジイの大木からモッコク、モチノキ、クロマツ、イヌマキ、ツバキ、ソヨゴ、、と常緑樹が勢揃いの由緒あるお屋敷の庭です。
常緑に囲われた足元にひっそりと育つユスラウメ。おそらく手入れが上手くいってユスラウメへの日照が確保できているようで、花付きも良くなってきました。
   
こちらも手入れの妙味でやけに品のいいヒサカキの開花。
私の庭のそれとは、雲泥の差の趣があります。

現場納め
2018年12月24日


   
今年最後の現場仕事は先週末、2年ほど前からお世話になっている広尾の御屋敷の庭のメンテナンスでした。
常緑樹中心の昔ながらの庭ですが、今夏の猛暑や、暖かさが秋まで残ったせいか、枝葉の伸びが例年以上に勢いがあったようです。
イロハモミジの紅葉の良さに、ホッとします。
   

   
↑こちらはアトリエの庭に何株か芽吹いていたイロハモミジ。
これも紅葉が良さそうなので、鉢に移して育てようかと思っていたのですが、早、今年も残すところ1週間になっていました。
残っている提案業務をこなしつつ、なんとか自分の庭のメンテナンスまでは終わらせないと。。

PAGE TOP