小林賢二のしごと

Garden, Landscape/東村山市*つむじ

フィリフェラオーレア
2021年09月12日


「つむじ」に行く機会が増えています。
ポット苗を植栽してから6年目に入ったフィリフェラオーレアの話。
   
流行り始めたのは20年ぐらい前でしょうか。
刈り込んで仕立てることもできる建築的なマッスはおそらく建築家にも好まれて、建売住宅の狭い植込みから高層ビルのグランドデザインまで大流行だった記憶があります。
「フィリフェラオーレア」とすらすら言えるようになった時、植物を扱う職業的にプロに近づいたような気がした記憶も。。
   
コニファーの一種。
コニファーとは針葉樹の総称で、ヨーロッパで改良された品種が大量に出回りはじめたのはこれが流行る以前から。コニファーばかりの庭には関心しませんが、そのオブジェクト的な面白さの利用価値はあり、特に黄色いカラーリーフのこの仲間は庭のアクセント的にしばしば使っています。

▲2016.05.08 錆御影石のベンチとカルミアの間に小さな苗を植えて間もない頃。
   
それから5年、成長の様子を見ながらどうアレンジしようかと考えてましたが、隣のカルミアが元気がないのでこの常緑の潤いを生かした方が得策と、そのまま伸ばしてベンチにかかる枝葉の剪定だけ行って今日に至ります。自然に樹形がまとまるのも良いところ。

次は、伊礼智さん設計のi-worksと小泉誠さん設計の舎庫と、2つのアプローチが並ぶ緩衝帯の植込みに入れた一本。
こちらは高さが出ると鬱陶しかったので、上に伸びる枝の芯を止めて高さを抑えて、横に伸びるジャマな枝を時たま剪定しています。


そして、府中街道側に入れたのはフィリフェラオーレア・モップという矮性の品種。
ここは道にはみ出ないように刈り込んで仕立てることにしました。

▲2016.04.24 幼苗の時は初々しい可愛さが
   
東村山駅前の志村さんの像の足元にも植えられていました。
コニファーの中でも爽やかな印象が好まれるのか、流行は続いているようです。

雨に濡れる石
2021年09月04日


秋から来春に向けて造園計画の仕込みの季節を過ごしています。
今日は「つむじ」で相羽建設の2つの住宅の打ち合わせ、
石も木も、諸々の素材がある「つむじの庭」は打合せにもってこい、なんです。
   
あいにくの雨でしたが、雨の日ならではの庭の景色、
濡れると変わる石の色、自然石の醍醐味です。




   
今日は「つむじ市」
毎月第一土曜日に開催されています、屋外を上手に使った風通しのいいイベント。
小雨の今日も盛況でした。

腰痛の原因は猫背!?
2021年08月29日


造園から6年目の「つむじの庭」お散歩トークの模様がYouTubeで公開されてました。
6月26日に行われた庭のセミナーの合間に急遽頼まれて準備もせずにしゃべり始めた撮影で、、いい加減な帽子のかぶり方と本人的に気になるのは猫背!
   
幼少の頃から猫背ですが、40をすぎた頃、膝が痛くて歩けなくて駆け込んだ整骨院で猫背が原因の1つと指摘されてから是正に努めていたのですが、あれから10年以上も過ぎていたか。
実は、数ヶ月前から腰の痛みの慢性化を感じて現場では職人にだいぶ迷惑をかけていたところ、この動画を見て腰痛の原因は猫背だったと気がつきました。。
ネットを探って、簡単に出来そうな猫背改善のためのストレッチを始めて数週間、明らかに腰の痛みが減っています。
   
急な動画撮影の依頼を引き受けてよかった。。
   
相羽建設伊藤さんのカメラワークが抜群で、初夏のつむじの綺麗な風景が映し出されています。
ぜひ!
   
https://www.youtube.com/watch?v=nTt7n9mkm64&t=32s
   
府中街道から話が始まりますが、
もっと、あれもこれも、丁寧に話せば良かったと、反省した昨日のつむじです。

PAGE TOP