小林賢二のしごと

Garden, Landscape/好日の庭

3代目「好日の庭」
2019年10月03日


   
仕事の合間に、新しいアトリエの庭作りをはじめています。
元々持っていた材料と、新しく仕入れた材料と、新しく思いついた趣向を混ぜ合わせて、しっくりくる風景に仕上げていきます。
さしあたっての完成目標は来年の春。
   
仕事で庭を作るのと違っていいのは、何回でもやり直しができる事。
飽きることのない庭作り。
   


   
ーーーーーーーーーーーーーーーー
KOBAYASHI KENJI ATELIER
Instagramでも仕事の情報配信をはじめました。
スタッフ大場が担当しています。
https://www.instagram.com/kobayashi_atelier/
   
このページより更新はマメかもしれません。。

アトリエ、引っ越しました。
2019年09月26日


この夏にアトリエを引越しました。今月より移転しています。
国立市内で3度目の引越し。およそ10年単位で、ほんの少しづつ拡張してきました。
新アトリエは、谷保天満宮の境内を抜けると直ぐ。
参道に沿って広がる鎮守の森や、近くには城山の雑木林、湧水や田園風景も残るのどかな環境です。
庭の植物や石も2度目の引越し。
新しい材料も増やして、またゆっくりと3代目「好日の庭」を作りはじめます。
   
前の庭からヒガンバナを持ってくるのを忘れたことに最近気がついて悔やんでいたら、
3代目「好日の庭」の裏庭でキレイに顔を出してくれました。
今年はヒガンバナの咲きはじめが遅いですね。

   
お客さんの庭と違うのは設計図がないこと。
これまでの庭と一味違えようと、早速模索をはじめてますが、
少し、力が入りすぎているかもしれないので、、試行錯誤しながらのんびりと庭作りを楽しみたいと思います。

大雪。
2018年01月22日


   
のんきにしていられない積雪になってきました。
現場じゃなくて良かった。
   

まとまった雪が降ると、ジンチョウゲは必ずつぶれます。
救い出すのは、明日。
   

ドウダンツツジは、小枝の先までビクともしません。
積雪に耐えるための丈夫な枝、と雪が降るといつも思う丈夫さ。

PAGE TOP