小林賢二のしごと

Garden, Landscape/東村山市*つむじ

i-works 2015
2016年04月19日


iworks-02


東村山の工務店相羽建設さんの「つむじプロジェクト」
「手仕事」と「食」をテーマに、地域の人と文化が出会い、豊かな交流が生まれるような、魅力的な場づくりです。
建築家伊礼智さん、家具デザイナー小泉誠さん、相羽建設さんの設計による4つの建築物をもつ敷地全体のランドスケープデザインと各所の楽しみを増やす庭作りを担当しています。
先行してオープンした伊礼智さんの設計によるモデルハウス「i-works2015」
性能と意匠の両立を視野に、「性能の先の心地よさ」に挑戦する日本的なエコハウス。
飽きのこないデザインを目指す建築に呼応し、庭もシンプルでありながら上質な空気を感じられるような修景を心がけました。
水辺の爽やかな空気を感じられるような割栗石敷きの広がりを庭空間の基調とし、遠景、アプローチ、リビング、和室、浴室、変って行くシークエンスに添い、各々の居室の楽しみと物語を増やす石と草木による庭作りを考えています。
iworks-06
iworks-04

東京都東村山市
住宅(モデルハウス) | 庭デザイン・植栽及び石工事
筑波石、相木石、佐久鉄平石、御影石、いわき桜御影栗石、 草木、 他
2015

つむじのオトコヨウゾメ
2016年04月18日

otokoyouzome1604
東村山の「つむじ」に立ち寄りました。今年は植えた植栽の様子見に度々足を運びます。
ハナミズキが満開で、サトザクラ「関山」も咲き、つむじのスタッフの方が塩漬けするために花びらを採取されていました。「食」をひとつのテーマにした植栽計画で、有効活用して頂いており何より嬉しいです。
その他、白花を咲かせていたのがドウダンツツジとハイノキと西洋カマツカと、このオトコヨウゾメ。
ガマズミの仲間ですが、より小振りで清楚な姿です。好日の庭にあるガマズミが知らぬ間に…害虫(サンゴジュハムシの幼虫)に食われて、、葉が全滅しかけているのに昨日の来客準備中に気がついて、、、うちのはともかく「つむじ」のはどうなってるかと真っ先にガマズミとこれをチェックしたところ無事でした。害虫が付きやすい木、というわけではありません。
ガマズミを「ようぞめ」と呼ぶ地方があるようで、ガマズミの実は食べられるけど、この実は小さくて食べられないので「おとこ」を冠して「男ようぞめ」と、よくわからない語源の説もあるそうな、、むずかしい名ですが、秋の赤い実も紅葉も楽しめる落葉低木。
因に、実は苦みがあるものの果実酒等に利用できるそうです。

つむじのドウダンツツジ
2016年04月11日

dodan1604
東村山:相羽建設さんの「つむじ」プロジェクト、造園の残工事を今日で終えて、ようやく、ゆっくりと庭を楽しむことができました。
ホレボレするようなドウダンツツジが満開です。
4つの建物を配する敷地の中に、各々の建物のための庭と、つなぐ庭と、小さな風景から大きい風景まで見所が満載の空間に仕上がっています。
syakohe1604
府中街道に沿う敷地、何やらそそられる黒い塀の前で、クロモジが爽やかな新緑を広げています。
ここ数年、一番好きな木が「クロモジ」
kuromoji1604
いつ訪れても楽しめる庭が出来たと思います。
得難い仕事をさせて頂きました。
是非、お出かけ下さい。
「つむじ」の詳細はこちら↓
http://tsumuji.life/

PAGE TOP