小林賢二のしごと

art関連

庵治石
2021年02月11日


庵治石を使っての制作が春に向けて動いています。
錆色が混じる庵治石ならではの色味を部分的に生かして、石の庭空間のための五つの石彫を制作中。
昨日まで、制作の工程ごとに違う工場4ヶ所をまわって、職人さんのアドバイスをもらいながら仕上げの調整をしてきました。
春に横浜でお披露目です。


高松への出張の折、
余時間ができると連れて来てもらうのが、牟礼のイサムノグチ庭園美術館、の外。
予約をして入ったのは一度だけですが、ここの空気に触れるだけでなにか浄化されるような、前向きな気持ちになれるような、特別な場所です。
彫刻から舞台装置、家具、照明、庭や公園まで、ジャンルを超えた創作活動を展開したノグチさん。職能的にずっと気にしてきた先達です。人間を取りまく環境のデザイナーでありたいと思いながら私もいくつかの素材や分野と向き合い、今は「庭」を中心にした創作活動になってきました。


そして、ここも余時間に歩いた屋島。
岩盤に生えるウバメガシの林。20年ぐらい前に大分の海岸沿いで似たような植生を見た記憶が蘇りました。やせ地に強い松もなかなか生育できないほどの過酷な環境に最も強いのがウバメガシのようです。備長炭の原木。関東では高生垣に使われてるをたまに見るぐらいでしょうか。
コナラやサクラも混じってましたが、クスやヤマモモ、ヒサカキにビワも目立つ照葉樹林、東京近郊の雑木林とは落ち葉を踏む触感も違い、新鮮な体験です。


めったに見られないデザイナーたちの原画|㊙︎展
2020年09月19日


21_21 DESIGN SIGHT 「めったに見られないデザイナーたちの原画|㊙︎展」
http://www.2121designsight.jp/program/inspiration/
昨年よりタイミングを逃していた展覧会。コロナの影響で延期してくれていたおかげで、滑り込みで見に行けました。
   


30年以上前、私がデザインの道に入らせて頂いたのはヤクルトの容器もデザインしている剣持デザイン研究所。
古巣の展示は、柏戸椅子の模型とヤクルトの容器と、古い図面ケースから引っ張り出してきたであろう図面類。垢抜けない無骨な展示に妙な郷愁を覚えました。
   
柏戸椅子の現物も。ちょっと窮屈そうに。

   
近年一番お世話になっている小泉誠さんの展示。


学生の頃を思い出す人や作品から、現在進行形で関わらせて頂いてる小泉さんまで、私の主軸は造園に移ってきましたが、ず〜っと日本デザインの流れの片隅で活動できている事に感謝感謝の六本木詣で。
   

造形家伊藤隆道さん。世代も分野も様々で、とても興味深い企画展でした。
   

これは、古巣の図面を見て懐かしくなって探したら辛うじて残っていた、小林24歳頃の照明デザインの原画。
   
   
◼︎Instagramでも仕事の情報配信をはじめました。

https://www.instagram.com/kobayashi_atelier/

ONE WITH NATURE
2019年12月12日


   
今年の春にアートワーク制作設置をさせて頂いた「国立台湾大学医学院付属がんセンター病院」がオープンし、ONE WITH NATURE「本自然」というコンセプトで計画されたパブリックアートブックが届きました。
台湾、日本(竹田康宏さんと小林)、オーストラリアの4作家の作品を、各々12ページに渡って丁寧に紹介されています。
施設内4ヶ所にアーティストが創意工夫したアートシーンが、病院で過ごす人々の目と心を休ませる時間と空間を生み出していれば、何より嬉しいです。
   
National Taiwan University Cancer Center Public Art Project
Art Direction : TOWN ART Co., Ltd.
   

PAGE TOP