リオタデザインと、住宅の庭
2019年10月09日


   
この秋に(残暑厳しい秋でした…)、建築家関本竜太さん(リオタデザイン)設計の住宅2件のお手伝いをしました。
関本さんとは昨年の春に知り合って以来、これで4件目の住宅の造園です。
家と庭の関係をとても大事に計画をされて、更に街並みとの関係を良くしようと、些細でも緑と風と光を届けようとしている関本さんとの共同はとても心地いい作業です。
   
昨日までは、埼玉県新座市の「扇の家」
中庭を囲うように諸室が配され、3方向からの景色を考えながら構想・制作した庭は、3方のガラス面が緑をリフレクトして、実際以上の広がりが感じられる見て楽しく、居て心地のいい空間に仕上がりました。
   


   
緑が似合う建築だと、いつも思います。

3代目「好日の庭」
2019年10月03日


   
仕事の合間に、新しいアトリエの庭作りをはじめています。
元々持っていた材料と、新しく仕入れた材料と、新しく思いついた趣向を混ぜ合わせて、しっくりくる風景に仕上げていきます。
さしあたっての完成目標は来年の春。
   
仕事で庭を作るのと違っていいのは、何回でもやり直しができる事。
飽きることのない庭作り。
   


   
ーーーーーーーーーーーーーーーー
KOBAYASHI KENJI ATELIER
Instagramでも仕事の情報配信をはじめました。
スタッフ大場が担当しています。
https://www.instagram.com/kobayashi_atelier/
   
このページより更新はマメかもしれません。。

造園現場充実の9月
2019年09月15日

この9月は、造園工事と手入れと8つの現場が集中しています。
昨日まで4箇所。それぞれ環境も違えば庭の趣も違う興味深い現場です。
   
初旬は避暑の軽井沢。
8月中の観光シーズンは工事が出来ない地域で、7月より進めていた造園工事の植栽の仕上げをしてきました。


モミやカラマツが聳える広大な既存の風景の中に挿入する雑木の庭。様々な居場所と変わって行くシークエンスを楽しめる庭です。
完成に向けて、植栽以外の外構工事が急ピッチで進行中。
◼️建築設計:田中敏溥建築設計事務所
   
   
東京に戻り、台風直前の工事になってしまった小金井の家。
アプローチの焦点でもある駐車場の先。ヤマモミジとヒメシャラと石舞台で構成した小さな庭です。


今後、板塀が追加工事されて、住まい手さんのご実家の庭から低木と下草を移植して仕上げていく予定。
初期工事が終わり、「庭が広くなった」と仰って頂けました。
◼️建築設計:相羽建設
   
   
台風一過の猛暑の二日、綾瀬で敷石と芝が主な造園工事。
ご両親が住む家の敷地内に改築されたご家族の家。元々ある和風庭園を活かし、馴染み、2つの家をつなげるような場づくり。


新規の植栽は最小限に抑えた、ふれあいの場と道の庭。
◼️建築設計:V建築設計室(宮島亨)
   
   
ようやく秋らしくなってきた昨日一昨日は、玉川上水の家。
涼しくなると仕事も捗ります。本当に。


道に面する白壁に映える前庭と、道から覗く奥の庭の緑。
内部にある大小様々な窓辺には、遠くの公園の緑と、庭の緑が映る。
住まい人と道ゆく人の心にも何かを届けようと、建築家関本竜太さんの想いに呼応するように造園しています。
◼️建築設計:リオタデザイン
   
   
完成しましたら、改めて各々の詳細をご紹介します。

1 2 3 4 5 6 11
news