小林賢二のしごと

News

江古田の家、の冬
2022年01月22日


伊礼智さん設計、相羽建設施工の「江古田の家」
   
「緑と暮らす。」(エクスナレッジ)でも掲載させて頂き、相羽建設のサイトでも紹介されています、造園から4年目の春を迎えようとしている庭。
   
【AIBA100Life | 草木の折り重なりがつくる風景】▶︎ https://aibaeco.co.jp/100story/life/life-2427/
   
これから造園する飯塚豊さん設計の「練馬K邸」に行った折、近くと気づいて「江古田の家」の冬の様子を覗いてきました。
想えば、建築家の飯塚さんと知り合ったのも、ここのオープンハウスの折に伊礼さんから紹介して頂いたご縁でした。

ヤマボウシと二本のヤマモミジを中心にした庭で、通りを歩いて近づいてくると見えてくる、冬枯れの木立の姿とはいえ場所を得て悠々と育っている様子が心地いい風景。
実は、住まい手さん自ら剪定の仕方を勉強して、大きく太くなりすぎないように手入れしている雑木たちでもあります。その様子、見事で素晴らしく嬉しく。
   
突然の訪問だったのですが、ついついピンポーンしてしまったらご家族の皆さんと会えて、色々お話もできて、庭作りで頂いてる楽しいご縁の面白さに良い気分にさせて頂いた冬晴れの1日。
次の現場も、がんばります。そんな日でした。

庭の光
2022年01月22日


昨日が現場初めでした
   
休憩の合間に見つめた庭の光
庭は光の生まれる場所

不意に出会ったマンリョウに心を奪われことが何度かあります。
どこかポテッとした形姿で、若い頃はあまり好んで使わなかった木ですが、
ところを得て、冬日和にハッとさせられる赤の印象は生き生きとして鮮烈です。
   

建築と織りなす庭の光
   
今年も、暮らしを彩るたくさんの庭の光をつくりだしていきたいと思います。

材料踏査初め
2022年01月12日


今日の収穫は少々でしたが、
春以降工事予定の造園プラン7件分を持って、想いをふくらませながら木々を吟味してきました。
これから一つ一つ、丁寧にまとめていきます。
そして、今年もお世話になります!
   
一人で動くときは常に【歩き+公共交通機関】なのですが、
アトリエからの行き帰りに通る谷保天満宮参道、
心が浄化されるようなキレイな光のいつもの帰り道。
今年もお世話になります!

PAGE TOP