温故知新、、
2019年07月28日


   
ようやく夏らしい空になってきました。
造園工事の現場と、新規提案と、その他と、忙しくなりそうな本格的な夏の目前、昨日今日の週末の晴れ間に川越市と国立市で庭の手入れを施してました。
   
昨日は川越氷川神社、参道・旧上尾街道沿いのアジサイの花後の剪定とお礼肥を施し、旭舎文庫に立ち寄ってほんの少しだけ気になる枝葉に手を入れました。
造園してから2年目を迎え、落ち着いてきた黒穂垣と石畳の中で初夏の緑がより瑞々しく感じられます。
   
そして今日は国立の自宅近く、6年目を迎える住宅の庭。
たくさんの種類を植えたがる傾向が強い私ですが、、この庭の一角、一本のアオハダとバーハーバーだけで構成した風景は、毎年何度も訪ねてますが、いつ来て見ても新鮮です。
昔の仕事を見て改めて感じるところ多々あり。
明日からまた、新しい庭づくりに生かしたいと思います。
   

梅雨の手入れ
2019年07月14日


   
それにしても雨の多い7月ですが、アトリエに居る間も無く現場を奔走しています。
先週の月曜は川越、氷川神社の参道から旧上尾街道に続く道の下草手入れでした。
既存の笹の景に木曽石とアジサイの彩りを加えた道として整備を開始して二年目の梅雨。アジサイは概ね順調に育っているようですが、来年に向けて少しの青アジサイを加えて全体の流れをもっと魅力的にしようと、前向きな打合せも出来ました。
   


  
作業の合間に立ち寄った「旭舎文庫」の庭も、程よい緑の潤いで、出迎えてくれました。

旭舎文庫の庭 誕生
2017年12月03日


   
川越の「旭舎文庫」
過去と未来をつなぐ建築に添うように、街並とつなぐ、氷川神社とつなぐ、人と人をつなぐ・・・
そんな事を考えながら模索し、構想した庭が、昨日の夕方誕生しました。
快晴の土曜日、のんびりと現場で過しながら、最後の仕上げにヤブコウジ、フイリセキショウ、ベニシダを配植し、コケのエリアを吟味し直して、一先ずの庭のはじまりの姿を作ってきました。これからの川越の時間に織り込まれて、街の物語を増やす空間に育ってくれればと思います。
   
江戸の面影を今なお残す 小江戸 川越
「蔵造りの町並み」を北に進んで、川越の象徴「時の鐘」を右に見る交差点を過ぎて5分程の角。
「かどみせ」と呼ばれ親しまれた旧梅原菓子店を修復した建築。
「旭舎(あさひのや)」は、明治時代の宮司・山田衛居(もりい)氏の別号で、川越氷川神社が武蔵野大地の東北端に位置し、朝日が最初に射し込むことからつけられた、との事です。
現場に向う早朝、人気の少ない朝の澄んだ空気に包まれた町並みが心を落ち着かせてくれました。
   
時の鐘

   
旭舎文庫

news