小林賢二のしごと

News

ゴーヤ
2013年09月10日

goya02

私のアトリエは古い木造アパートの一階二室、壁をぶち抜いてつなげて使わせて頂いてます。空いていた二階に若手友人デザイナーを誘い、彼も二室をつなげて使っています。
で、一階の私の窓辺から二階の窓辺までゴーヤに育ってもらいました。今年で三年目。二件では食べきれない量の収穫があったのですが、今年は少なかったですね。連作障害かもしれません。
しかし、緑の恩恵は享受しています。
流行の壁面緑化、本来地面のほうで育っている植物を壁面に寄せ植えしているようなイビツな風景が嫌いなんですけど、他の樹木を支えに高いところへ茎を伸ばすツル植物を、建物の壁面を利用して育てる事は大いにやりたいと思います。
ゴーヤを植えているのは二階の友人。植える株数と、枝茎を伸ばせるネットの面積のバランスがいいと、風景がキレイに仕上がります。
goya01

夏の終わりに、
2013年09月09日

P9070005

タカサゴユリか、タカサゴユリとテッポウユリの雑種か、だと思います。雑草のようにどこにでも生えてくるやつらです。仕事で使わない(植栽図面に名前を書かなくてもいい)植物の名前は、調べる気もあまりなく、不確かなのです。
2mほどに育っている、この子の親が近くにいて、去年の秋、枯れたソレをゆすってしまって種を近くに散乱させてしまった覚えが確かにあり、今年の初夏には明らかなユリ達を、花が咲くと後ろめたいので、その前に抜いてしまおうと数十株を始末してしまいました。
ここなら育ってもいいだろうと、残した二株のうちの一つ。
このぐらいの高さで咲いてくれると納まりがいいのですが、2mになるので…花が終わったらまた抜きます。
雑草のように増える植物の楽しみ方は、そんな感じでいいのだろうとは思います。

ケヤキ
2013年08月30日

新しい現場を見に行ったついでに、昔携わった現場に立ち寄りました。
12年前にランドスケープデザインのお手伝いをした横浜三ツ沢公園近くのマンション。約230戸の住居に暮らす人々を迎え、送る、エントランスゾーンに提案したランドマーク的な一本のケヤキ。竣工してから10年ぐらいだと思います。アトリエに戻って古い資料を探して見ると、私の描いたケヤキよりも幹周りも太く、葉張りも立派で悠々と成長していました。
ところを得て、剪定されたような跡もなく健全に育っていることが何より嬉しいです。舗装された地面故に、落葉の処理が大変だとは想いますが、それ以上に四季の風景と緑の恩恵を悦んで頂けていることを願うばかりです。
keyaki01
keyaki02

PAGE TOP