庭は空間の彫刻
2018年08月27日

造園をしていても小林さんは肩書き「彫刻家」でいんじゃない。
と言ってくれる人がいて、
時たま気になる自分の肩書き問題なのですが、50代を迎える頃ようやく「造園家」が一番しっくりくるかなと本人的には落ち着きはじめていたところ、2年前から彫刻コンクールの審査員に名を連ねる時に「彫刻家」を外しづらくなり、、最近は[造園家・彫刻家]とする事が多くなりました。
数日前にふと思い、試しに[造園家彫刻家]と連ねたワードで検索してみたら、私のhpが最初に出て来てちょっとビックリで嬉しかったのですが、たぶん、誰も検索したことのないキーワードなんだとは思います。
   
余談でした。
肩書き的にというか職能的にずっと気にしてきたイサム・ノグチさんの展覧会を見てきました。
   
イサム・ノグチ -彫刻から身体・庭へ-
   
▼撮影可能だった2ヶ所


   
ドローイングや彫刻はもとより、舞台装置や家具デザイン、陶芸、更には庭や公園のデザインにいたるまで、ジャンルを越えた創作活動を展開したイサム・ノグチさん。
   
庭は空間の彫刻
   
おそらくノグチさんと同様、人間をとりまく環境のデザイナーでありたいと思いながら私もいくつかの素材や分野と向き合い、今は「庭」を中心にした創作活動になってきました。
人と物と大地とで交わされる関係に想いを寄せながら、その関係を更に熟成できるように進化をとげたいと思います。
また前向きな気持ちを後押しして頂けた、いい展覧会でした。

news