ヒサカキ


   
ヒサカキの実の秋の彩り。これから、全て黒紫に熟して小鳥たちを集めてくれます。
この木も、鳥が落とした種から生まれて育ったもの。
   
クロモジが黄色く色づきはじめました。秋の長雨と台風が過ぎて、しばらくは穏やかな天気が続く模様、いつもより黄葉を長く楽しめそうです。
クロモジを覆っていたサルスベリの枝葉を強めに剪定したら、届く光が増えて黄葉が尚更に輝きました。
ああ、気持ちいい。
    

2017年11月01日
手びねりの一輪挿し


   
小店「道草のうつわ」に、新作の一輪挿しを展示しています。
ロクロやコテを使わずに、手と指の感覚だけで成形して、素朴なやさしい味わいのある器を生みだそうと試みました。
高さ10cm前後のかわいい一輪挿し。
道端で見つけた小さな花や葉・枝を、そっと生けてほしい器です。
   
営業日が定まらず、週に1〜2日しかオープンしてない小さなギャラリーですが、
足をお運び頂ければ嬉しいです。
今週は、火曜と土曜の午後オープン。
http://kobayashi-atelier.com/michikusa

2017年10月29日
ハゼノキ


   
外に出しっ放しで、水やり以外は放ったらかしだったハゼノキ。
台風に備えて室内に取込みました。
お陰で、紅葉を見逃さずにすみました。
自分の庭も、関わらせて頂いた他所の庭も気になる台風ですが、暴風雨で無い事を祈ります。

2017年10月22日
秋の長雨


   
秋の庭工事に向けて、材料の準備や仕入れに動きたいのですが、秋の長雨に阻まれています。
そろそろ雨の一休みがありそうですが、
   
… 臥して見る秋海棠の木末かな 〈子規〉
   
アトリエの玄関前で群生しはじめて来客を阻むシュウカイドウ …
玄関にしゃがんで一休み

2017年10月17日
ミツバのグランドカバー


   
こぼれ種でよく増えるミツバ。
こうするつもりはなかったのですが、去年の秋、余計なところで大きく育っていたミツバを取り除いていた際に、種をボロボロ落としていたのは覚えています。
春先に一斉に出てきた新芽を見て、どうしようかと思っていましたが、この季節まで然程大きくならずに可愛いグランドカバーとして過してくれています。
   
このあと冬枯れして来年どうなるのか、要様子見ですね。
   

2017年10月08日