亜熱帯植物
2016年09月26日

amoi00
昨日まで、今秋設置予定のアートワークの制作監理に中国福建省厦门市に出向いてました。
石彫刻の制作協力を仰いで10年以上経ちます。台湾の対岸で、今回も連日30℃を越す暑さの亜熱帯気候。行く度に街中や工場への行き来の車窓で目にする植物を気にしていましたが、ピタリと名前のわかる植物はなかなかありません。。。
昨日、帰り前の余暇に改めて植物を見ながら散歩してきました。
街路樹はマンゴーやガジュマルやネムノキの仲間でしょうか。ヤシ類が多く見られ、低木や下草も日本の花屋で観葉植物として並んでいるようなものたちです。
下写真の高木はフィカス・アルテシマ。最近インテリアグリーンで流行のひとつ。日本では小さな鉢で幼木を楽しんでいますが、熱帯で育てば20mを越える大木です。
altissima1
↓こちらは、来月モデルハウスのインテリアに納めるフイリのフィカス・アルテシマ。
altissima2
   
ネムノキの仲間も街路樹や公園に多く見られます。中国では、機嫌の悪かった夫にネムノキを入れたお酒を飲ませたところ機嫌が直り、夫婦が円満になったという言い伝えがあるそうで、「夫婦円満」の象徴とされているそう。
nemunamiki
↓こちらは、やはりインテリアグリーンで最近人気のネムノキの仲間「エバーフレッシュ」
ever
こんなネタでアップしようと思い、今朝自宅で撮影しました。
「みちくさのうつわ」開店準備も進んでいます!
   
アートピース制作も順調。10月11月とアート工事と庭工事の現場が続きます。
また経過と結果を随時アップしたいと思います。
amoi01

news