循環ー根上がり松

neagarimatsu-img01
neagarimatsu-img02
neagarimatsu-img03
   
明石海峡大橋を背景に、青い海と緑の松林が映える舞子公園は、古来より白砂青松の舞子の浜として詩歌にも詠まれ多くの人に親しまれてきました。なかでも永年の風波により地盤が浸食され根が地表にあらわれた老松は「根上がり松」と称され舞子の景観の代表でありましたが現在は残っていません。
根上がり松再生の試みは、周辺地域の人々と一緒に昔の松林にあった「根上がり松」を長い年月をかけて造っていこうとするものです。そして、この50〜100年を要する再生事業をはじめるにあたって、事業のシンボルとしての環境彫刻を設置し、松の苗木が成長していく未来への時間と空間と共生とに深く関わるコミュニティー環境の創出を目指すものです。
   
万物が大地から生まれ再び大地に還る。
無限に続く自然の循環をモチーフとして、やがてそびえ立つ「根上がり松」とは対比的に大地を撫でるような彫刻を計画します。波や風を想起させる形態は舞子の景観にも違和感なく溶け込み、根上がり松が再生する一〇〇年後には、松を眺める特等席にもなることを意図しています。
それぞれの石の表面には松の影像を薄く刻んでいます。月日は流れ、石に刻まれた影像は風雨にさらされ徐々に色褪せていくことでしょう。そして、再生される松の苗木は成長し、大地に据えられた彫刻は「根上がり松」を眺めるステージへと変化していき景観の主役を松林に譲ります。
   
neagari-img04
   
兵庫県神戸市
県立舞子公園南地区芝生広場 | アートワーク制作・設置
白御影石、土、草木
2006

photo_Forward Stroke Inc.