小林賢二のしごと

軽井沢

軽井沢の家・24.06.17
2024年06月18日


建築家の高野保光さんと協働する軽井沢の別荘が、来月に造園工事スタートします。
5.5mの落差を降りるアプローチガーデンという、なかなかめぐり合わない場面で、
昨日はいつもの職人さんと東京から出向いて、地元の職人さんにも集結していただいて、現場の状況確認と作戦会議。
   
そして本題は、ほど近くで以前に造園したこちらは田中敏溥さんと協働した軽井沢の家を訪ねました。
地元上田方面ということもあり、毎年の様子を拝見できていますが、軽井沢も近年は暑さ乾燥による影響もあるようで、ダメージのある木がある一方、モリモリ元気すぎるエリアもあったり、変遷を感じる5年目の観察になりました。

最早、自分で造園したとは思えない自然は風景になっていましたが、よくよく見歩くと当時足元の草花まで吟味して計画して植栽した時間がよみがえります。



広い敷地内の手付かずだった林内から、実生で生まれていた幼木を移植したモミジたちも順調に生育していました。
これらが大人に成長する頃、本当に作者の手を離れた自然な風景に変遷していくことでしょう。


さて別荘の現場では、一月前のヒトリシズカから、今はフタリシズカが目立つ林床に移り変わっていました。
造園する前ですが、こちらも先々の変遷がとても楽しみです。

信濃追分
2023年07月21日


軽井沢の信濃追分で造園工事、
一期工事として、アプローチと駐車場と主要な木の植栽からスタートしました。
これから暮らしながら、庭に欲しい要素といらない要素を取捨選択して残りの仕上げを考えていく、のんびりとした庭づくりのはじまりです。
   
地元の浅間石と相木石の組合せ、
質感の違う石ですが、外周のゴツゴツとした浅間石の中にアプローチの相木石がいつもよりやさしい表情に感じられて似合います。
相性が悪くないのは、どちらも長野県産だから。長野は庭石の宝庫です。


南の庭の使い方を考えていくのが、住まい手さんのこれからの楽しみ。

変形敷地を上手く利用した庭のデザインを提案するのが私の大事な仕事です。
▼素案

小雨の軽井沢
2023年05月16日


昨日の軽井沢
   
ここは造園から4年目に入るところ。
郷に入って郷に従った素材たちが、小雨に濡れて生き生きとした春を迎えていました。






*建築設計:田中敏溥建築設計事務所+横山設計室+久保敦史建築設計事務所

軽井沢追分で新規のご依頼をいただいたお客さんと一緒に訪ねました。
新築住宅の現場へ移動して打合せしながら描いたスケッチ。
ザックリとは、上手くいきそうな手応えです。

PAGE TOP