小林賢二のしごと

art work

久方の青木
2020年10月01日


信州青木村。
防災公園でもある青木村初の大規模公園の「へそ」、5年前に作った彫刻の撮影に同行してきました。
フォワードストロークの奥村浩司さんに別件の撮影の相談をしていたところ、話が飛んで急遽の出張。
もう20年くらい前、新潟の作品を撮影してもらった帰りに青木村の田沢温泉に一泊した懐かしい思い出も。



朝にかかっていた霧も晴れて、絶好の撮影日和。
移ろう光とともに変わる作品の表情も存分に堪能できました。

公園の入口に道先案内人のように立つ、どこかヒューマニックな彫刻。
5年の歳月を経て、緑がかった花崗岩が現地の風光にやけに馴染んできています。


作品のモチーフの一つ、「見返りの塔」と呼ばれる大法寺三重塔も穏やかな空気に包まれていました。


   
◼︎Instagramでも仕事の情報配信をはじめました。

https://www.instagram.com/kobayashi_atelier/

湘南辻堂のアートピース
2020年08月04日


辻堂駅近くの大規模集合住宅
   
集合住宅ならではの広がりのある外部空間で、アートワークを仕掛けての環境づくりのお手伝い。
ところどころに配った座ることもできる石の彫刻が街並みにアクセントを加えて、庭の物語を増やします。



一昨年から3期に分けてゆっくり進むプロジェクトの今日が2期目の設置工事でした。
合わせて6つのピースを散りばめて年内には完成予定です。

   
◼︎Instagramでも仕事の情報配信をはじめました。

https://www.instagram.com/kobayashi_atelier/

果実
2020年04月01日


   
昨夏より計画・制作が進んでいた「果実」と題した長野県立大学のモニュメントが完成し、昨日無事に授与式が行われました。
授与式では、「単体としての彫刻を考えているのではなく、彫刻のある風景を考えている」という話をさせて頂きましたが、彫刻が加わる事で昇華する風景があると思います。
環境デザインに関わってきた自分のキャリアの中で、地元長野にその一つの結実となるような作品が生み出せました。
   





   
よもやの、雪の中の設置工事になりましたが、、
無事にこれが据わって、ようやく春が来た気分です。
  

   
◼︎Instagramでも仕事の情報配信をはじめました。

https://www.instagram.com/kobayashi_atelier/

PAGE TOP