小林賢二のしごと

News

川口の家
2024年07月01日


関本竜太さん(リオタデザイン)建築設計の川口の家
   
久々の気がします、東京近郊の造園現場。
遠征先での仕事とは違って、いつもの材料屋さんの段取りといつもの職人さんたちと、安心して現場に向かえる感は否めません。

小さな緑地から生まれた景色ですが、この先大きな世界が広がりそうです。
めずらしく、造園を任された面積を測ってみたら1.4坪でした。
   
お迎えの奥さんが、いいところに出かけたみたい、と、新しく生まれた目の前の風景を喜んでくれました。
建築家も造園家も、それはそれはうれしいです!!

建築の木部の色に呼応するように選んだ最上石の些細な石敷きが、チャームポイントの一つです。

石川モデル
2024年06月27日


久留米の家に続いての伊礼智さんとのミッションは、金沢のアーツデザインさんの新しいモデルハウス。
昨日、地元の造園屋さんとアーツデザインさんと木々の踏査をはじめて、秋の造園に向けて本格的に庭づくりスタートしました。
   
初っ端に決めたのが、プランに描いてもいない一本立ちのシラキでした。
アドリブ力と即断力は、近頃向上しているのを感じます。。
土地土地に出向いてのミッション、得意になってきたかもしれません。
   
今回は、草木は地元で手配で、自然石は私のいつものルートで手配させていただくという段取りに。
のどかな田園風景の中にポツンと浮かぶ一軒家。
ここならではの風景を、地元の皆さんとともに秋までに描きたいと思います。

石川県での仕事は30年ぶり2度目、
ランドスケープデザイナーを志して門を叩いた師匠の元での最初に関わった仕事が、小松市のゴルフクラブハウス周りのランドスケープデザインでした。
懐かしく掲載誌を本棚から見つけて開いてみれば、ペーペーだった私の名前も載せてくれた師匠の優しさが思い出されます。

丸徳家具店、8年ぶり。
2024年06月24日


先週の久留米出張の折、雨天の半日を使って、大川の丸徳家具店を訪ねることができました。
造園後のイベントに参加してから、8年ぶりだったようです。
   
八方美人のシマサルスベリを焦点に、この周りを回遊するように建築と庭が計画されています。

特筆すべきは芝。
その手入れが素晴らしく、店主的には、もっと早く小林さん来るって聞いてればちゃんとしといたのに、、
と、この美しさで不満足っぽいおそろしい庭主なんです。

なにやら、自分で考えたとも思えないおおらかな芝生の庭ですが、、
コンクリート洗い出しから、大谷石の道を経て、ウッドデッキにたどり着くアプローチに、確かに私のデザインの痕跡はありました。



建築設計の小泉誠さんに導かれて、引き合わせていただいて、計画当時の大川と国立での出来事を懐かしく思い出し、ほんの1時間ほどの滞在でしたが楽しい時間でした。
親戚に久々に会いにきたような。
九州が近くなってきたかも。

PAGE TOP