小林賢二のしごと

News

国立で年末年始
2021年01月01日

上田に帰らなかったのは何年ぶりだろう、久々に国立で年を越しました。
自宅の柚子(ハナユ)とコバノズイナ。
   
10年くらい前の台風で、けっこう太い幹が折れて一部裂けたユズでしたが、接着剤で繋いで固定しておいたら難を逃れて無事に生き延びています。
物置の目隠しに立てたウッドフェンスと、奥を緩やかに遮蔽しながらゲートのような役割も担わせて、大雑把な手入れを施しながら味のある庭の一コマになってきました。
   
小さな一株をアトリエの庭から移植したコバノズイナでしたが、根茎を横に伸ばして広がる性質を生かして、数年かけて建築のコーナー3m巾ぐらいを覆うように成長してきました。
こんな育ち方をする植物の代表選手として、この春に出版予定の監修協力している庭の本に自宅のコバノズイナも載ることに。感慨深いです。
   
庭をつくる楽しみも、経年して増す味わいも、興味は尽きることがありません。
   
我が家に来て30年近くなる家内担当のテーブルヤシも、いつのまにかテーブルには収まらないサイズに成長していました。

仕事納め
2020年12月29日


今日でいったん仕事納め。
ですが、年末年始は出かけずにホームページのリニューアルを楽しみながら過ごすことにしました。

今年も大変世話になりました。

年末にアズキナシが加わった好日の庭。
来年も、成長を続けます。

お寺の庭の石
2020年12月24日


関本竜太さん設計の新築寺務棟の庭づくり、ゆっくりと進んでいます。
今週に稲田御影の割栗石を敷き並べて、一本の景石が浮かびあがってきました。

名前をつけたくなるような、味わい深い石と出会えました。
   
まだ庭のデザインは途中。
次の進捗は来春頃でしょうか。


   
◼︎Instagramでも仕事の情報配信をはじめました。

https://www.instagram.com/kobayashi_atelier/

PAGE TOP