小林賢二のしごと

News

キッチンガーデン
2021年03月19日


相羽建設との協働で、築数年経った住宅の庭のリノベーションプロジェクトが増えてきました。
昨日仕上がった東久留米の庭は、真南に向いたフロントガーデン。
駐車のための更地だったところを、ウッドデッキと石敷きのアプローチと一台分の駐車場に振り分けた構成ですが、今までアプローチだった玄関前を駐車スペースに変更して、ウッドデッキの脇に緑に包まれる通路を作る提案をさせて頂きました。


大らかに広げたウッドデッキが庭全体をまとめて、歩く楽しみを加えた緑と石の道のバランスがよく、どこから見てもどこを見ても楽しめる庭になったと思います。
   
オリーブ、ユズ(ハナユ)、レモンの常緑にジューンベリー、ブルーベリーが並ぶラインナップは朝から夕まで陽が当たる南の庭を好む木ばかり。住まい手さんのご希望をふまえての植栽ですが、近年の東京の熱さ対策にも適応した計画になりました。
下草も、ラベンダー、ローズマリー、ワイルドストロベリー、タイム、バジル、カモミール、イタリアンパセリとハーブを植えて、花と香りと収穫を楽しめるキッチンガーデン。
ウッドデッキでの食事も気持ちよさそうで、収穫もしやすそう。

住まい手さんご希望のユーカリポポラスともう一本のオリーブをコンテナで。
   

濡れると変わる自然石の表情は水やりを楽しくしてくれます。
   


外苑前へ
2021年03月12日


今日の現場は久々の都心。
   
古巣=剣持デザイン研究所のお導きで外苑前へ。
JIA館(建築家会館)のアプローチ、植込みの造園を施してきました。
足の踏み場のない、、これまでの最小面積の造園仕事だったかもしれません。とはいえ、国立競技場に続く通りに気の利いた街角の景色を提供できたと思います。
日照の少ない場所に選んだナツハゼとマルバノキが芽吹く春が楽しみです。
その頃に撮影に。そんな現場があちこちに、ありがたいです。


もう一つ特筆すべきは、、
都心だから?古巣のおかげで照明計画が洒落てます。

冬から春への「つむじ」
2021年03月08日


今日は先週造園した氷川神社衣裳美容棟の庭の引渡し。
庭の手入れのご説明お願いをして、川越から東村山へ。ここ数年の得意なコースです。
   
ひと月ぶりに立ち寄った小雨まじりの「つむじ」は、ちょうど冬と春の入れ替わり中といったところでしょうか。
例年より10日ぐらい早い気がするトサミズキの挙動が気になりましたが、春が待ち遠しいことに変わりはありません。
   
▼いつもながらフォトジェニックなクロモジの冬芽

クロモジより一足開花の早いシロモジ

地味なクロモジの仲間うちでは、花も黄葉もやや鮮やかか、、ダンコウバイの開花もこれから

これもクロモジ科のアブラチャンさん

ソワソワしてきたジューンベリー

まさに冬と春のあいだのリキュウバイ

早いよなあ、、トサミズキ

小さい葉芽を小さく膨らますヤマモミジ

木曽石に似合うクリスマスローズ

小雨が似合うカンツバキ

冬枯れのつむじの庭が豹変するのも間も無くです。

PAGE TOP