アトリエ、引っ越しました。
2019年09月26日


この夏にアトリエを引越しました。今月より移転しています。
国立市内で3度目の引越し。およそ10年単位で、ほんの少しづつ拡張してきました。
新アトリエは、谷保天満宮の境内を抜けると直ぐ。
参道に沿って広がる鎮守の森や、近くには城山の雑木林、湧水や田園風景も残るのどかな環境です。
庭の植物や石も2度目の引越し。
新しい材料も増やして、またゆっくりと3代目「好日の庭」を作りはじめます。
   
前の庭からヒガンバナを持ってくるのを忘れたことに最近気がついて悔やんでいたら、
3代目「好日の庭」の裏庭でキレイに顔を出してくれました。
今年はヒガンバナの咲きはじめが遅いですね。

   
お客さんの庭と違うのは設計図がないこと。
これまでの庭と一味違えようと、早速模索をはじめてますが、
少し、力が入りすぎているかもしれないので、、試行錯誤しながらのんびりと庭作りを楽しみたいと思います。

温故知新、、
2019年07月28日


   
ようやく夏らしい空になってきました。
造園工事の現場と、新規提案と、その他と、忙しくなりそうな本格的な夏の目前、昨日今日の週末の晴れ間に川越市と国立市で庭の手入れを施してました。
   
昨日は川越氷川神社、参道・旧上尾街道沿いのアジサイの花後の剪定とお礼肥を施し、旭舎文庫に立ち寄ってほんの少しだけ気になる枝葉に手を入れました。
造園してから2年目を迎え、落ち着いてきた黒穂垣と石畳の中で初夏の緑がより瑞々しく感じられます。
   
そして今日は国立の自宅近く、6年目を迎える住宅の庭。
たくさんの種類を植えたがる傾向が強い私ですが、、この庭の一角、一本のアオハダとバーハーバーだけで構成した風景は、毎年何度も訪ねてますが、いつ来て見ても新鮮です。
昔の仕事を見て改めて感じるところ多々あり。
明日からまた、新しい庭づくりに生かしたいと思います。
   

国立で庭づくり
2019年06月02日


   
昨日まで、地元国立市で住宅の庭づくり。
小さな庭ですが、ここでも目を効かせて選んだ素材を、現場で再構築して仕上げていきます。
   
デッキを覆って、窓辺に枝葉を伸ばすようにと選んだ、とっておきの樹形のアオダモ

   
選んだのは落葉の冬。
枝葉を広げて空間に上手く収まるか、現場に入れるまで安心できませんが、バッチリハマってホッと一息。
いや、大満足です!


   

こちらは、たくさん積まれた中から見つけだした水鉢


   
工事の合間に、昨年春につくった庭の様子を見てきました。
白いキョウガノコもひとまわり大きく育ち、小さな路地に大きな潤いをもたらしていました。

   
アトリエでは知らぬ間にアジサイが咲いて、
5月の現場を終えた、爽やかな初夏の国立。
6月も楽しみなプロジェクトが満載です。

news