hinosumikaギャラリー 2019.06
2019年06月17日


   
昨日は、高崎のhinosumikaギャラリー。
造園してから2年目の庭の手入れに出向きました。
調子のいい木と、やや不調なものとありましたが、総体的には健やかに庭は育っているようです。
   
梅雨の晴間、
様々な居場所、見所のある庭だと改めて思いながらの、気持ちの良い一日作業でした。
造園工事中は、落ち着いて庭を鑑賞する余裕が無いのですが、日が経ってから改めて庭に浸る一日、作業の合間に楽しい時間を過ごしました。
   
https://www.kobaken.info/modelhouse/gallery-hinosumika/
   





カマキリ誕生
2019年06月14日


   
去年、ここの庭で剪定したツバキの枝にカマキリの卵鞘が付いていて、アトリエの玄関前の石の器に枯れ枝をずっと置いていたところ無事に誕生していました!
昔、似たようなことをしてダメだった記憶があるんですけど、、けっこう貴重な成功体験な気がします。
   

   
残念ながら誕生の瞬間には立ち会えませんでしたが、、
↓15年前に立ち合った記録
https://kobayashi-atelier.com/ja/kojitsu/41.html
  
今年はやけに庭のアジサイが神々しく輝きます。

ドウダンツツジの木の下で
2019年04月12日


好日の庭のドウダンツツジ。私がここに来る数十年前から育っていた木。
越してきた頃は、木々にギロチンチョップ的な剪定がされていて、これを気の利いた形に復活させるのが当初からの課題でした。
ドウダンは、3m程の高さがある古木だったので、一先ず上方は健やかに伸ばし、下枝を整理して下に空間を作るように仕立てたら、ドウダンの花を下から眺められるような面白い居場所と景色が生まれました。

長い年月がかかっての仕様ですが、庭は、手付かずの自然とは違う、楽しみ方・世界があるのだと思います。

news