モリモリ元気な台北の緑
2019年03月10日

先週は1週間の台湾出張。
悪天を見込んでの長めの滞在で、現場工事が出来ない案の定の雨日を使って台北の街を歩き回りました。2度目の台北ですが、前回の訪問で緑がモリモリ元気な街だなという印象をもち、今回はその実態を探る旅。
   
亜熱帯気候で、日本では観葉植物として小鉢で楽しんでいるような木々が悠々と大木に育ち、植物そのものに勢いがあります。台北市街地は、どこも舗装された都市の姿ですが、大らかな街路樹を幾列にも並べた大通りが東西、南北に走り、公園や大学のまとまった緑の風景が所々で見られます。





東京の街並みとの大きな違いは、街中の木々が過度の剪定をされずに悠々と枝葉を伸ばして育っているところだと思います。
とても眩しく映りました。
   
更に、大きな道でも小さな道でも、枝葉の越境(道路へ、隣地へ)が大らかに許されて、楽しまれているようです。その快楽を共有できないと有り得ない、どうにも羨ましい街並みの緑の光景を至る所で目にします。



そして、大通りから路地へ、裏通りへ目を移せば、道を覆う木々と、足下のコンテナ植物と、ベランダや屋上からも溢れるような植物たちが小粋な立体ガーデンを織りなし、必ずと言っていいほど私をそそります。
台北の街歩き、足は疲れても、気持ちが前に進みます。




ほとんど舗装されている家先店先が、一瞬では全て鉢入りとは気づかない緑量で充たされています。どこに行っても、そんな感じ。
大きな緑と小さな緑のバランスがいい街だと思いました。
おそらく台湾の多くの人が、私より植物好きです。
   
小さな緑の話は後編で。

ソーラータウン八国山
2019年02月12日

八国山緑地のほど近く、東村山の相羽建設設計施工の新しい街並み「ソーラータウン八国山」の造園計画を進めています。
八国山の裾野、雑木林につながるようなモミジ類を中心にした雑木の庭。
自然素材で作られる建築と共に、ぬくもりの感じられる街並みになるように、
1/100の模型を作りながら、小人になって模型の中を歩きながらデザインをまとめています。


↑各住戸のアプローチ・前庭に設える、木曽石の石畳・景石、コンクリート洗い出しの駐車場のための模型パーツ。それらを、実際の雰囲気を探りながら試しに並べています。


↑自然石(木曽石)の景石、子供が座れるぐらいの高さの石を各住戸のアプローチに配しながら、それが街並みにリズムとオリジナリティーをもたらすような要素になるよう配石を検討中。


そして、植栽して仕上げていくイメージが、見えてきています!


既存の風景の中に織り込まれ、新しく生まれる街並み。
ここが出来る事によって、この辺りの住環境が更に昇華されるような、そんなプロジェクトにしたいと思います。
2棟の建築工事が着工し、造園も春の一期工事に向けた準備を始めました。
今年もまた、楽しみな春がやってきます。

硝子
2019年02月06日


   
かなりの久々で、ガラスを使ったアートワークを構想中です。
今日は、硝子企画舎さんに出向いて試作の打合せをしてきました。
ガラス制作に関わる素材やサンプルを目にしながら、
脳や心の中に、普段とは違う爽やかな風が吹き込むような清々しい時間でした。
普段とは少し違う創作意欲も、静かに…掻き立てられています。
   

news